ペニストレーニング

ゼファルリン

ジェルキング、ミルキングなどの自分で出来るペニストレーニングの解説です。

ペニストレーニングとは?

ここで言うペニストレーニングとは、器具などを一切使わず、手でペニスが大きくなるようにトレーニングすると言うものです。 有名な方法としては、「ジェルキング」と「ミルキング」があります。 他の方法としては、単純に引っ張るという方法もあります。

ジェルキングとミルキングは、多少やり方が違いますが、求めている効果は同じで、 ペニスの付け根側から亀頭に向かって圧迫していって、ペニスを大きくするというのもです。

ジェルキングのやり方は、ローションなどの潤滑剤を利用し、人差し指と親指で輪をつくるようにして、 付け根から亀頭に向かってスライドさせて行きます。 亀頭に到達する寸前ぐらいで、もう片方の手で同じ様に輪をつくりスライドさせます。 これを繰り返す感じです。

ミルキングのやり方は、片手でペニスを軽く握り、ペニスの付け根側の指からから順番に力を入れていきます。 結果的に付け根側から亀頭に向かって圧迫することになります。

ジェルキングもミルキングも、勃起具合と力加減が重要で、完全勃起していると亀頭側への圧迫が出来ませんし、勃起していなくても出来ません。 勃起の状態が適度であることが条件となります。 力加減も強すぎるとペニスが怪我してしまいますし、弱すぎると効果がありません。 やる前には、準備運動的なこともした方が良いと思います。

デメリットとしては、ペニスが短すぎると上手くできないことや、力加減ややり方などに個人差があることなどがあげられますが、 一番の問題はフグ状態になったり、皮が伸びてしまうことです。 実践すると良くわかるのですが、ジェルキングはローションなどを使っていても、いかにも皮が伸びそうですし、 ミルキングはフグにするように力を入れている感覚すらあります。

皮の伸びもフグ状態も慣れや、やり方一つだと思うのですが、そこに到達するまでには少し時間がかかりそうです。

最後に、ネットなどで見られる評判では、そこまで高い効果は得られていないように思えます。 世界的に有名なやり方で、実績もあるようですが、やり方がマチマチですので、 思うような効果が出ていないのか、日本人には向いていないのかもしれません。

とは言え、準備するのは潤滑剤程度で、ほとんど無料で試せるペニス増大方法ですので、一度チャレンジしてみると良いと思います。

ジェルキング、ミルキング以外のトレーニング

ジェルキングやミルキング以外のトレーニング方法としては、「引っ張る」「潰す、叩く」など、 トレーニングと呼ぶには大げさな感じのする方法があります。

引っ張るのは、説明すまでもなく、ただ手で引っ張るだけです。 亀頭に指が引っ掛かるようにペニスを逆手(順手もあり)で持ち、そのままペニスが長くなるように引っ張ります。 引っ張る方向は一方向ではなく、上下左右、1回転など、変化をつけるようにします。

最初は、力を入れて引くのが引っ張るのは難しいと思いますが、慣れてくると思いっきり引っ張れます。 手(腕)の方が疲れるくらいの力で引っ張れるようになります。 逆にこの段階まで来て、初めてペニスを大きくすることが出来るようになるかもしれません。

潰したり、叩いたりする方法は、その言葉の通りです。 竿の部分をやる人もいますし、亀頭の部分をやる人もいます。 ビール瓶で叩くなんてのを効いたことがありますが、効果の程はわかりません。 ただ、叩くのはペニスに負担が掛かりすぎて、リスクが大きいので裂けた方が良い気がしますが、 負担が掛かる分だけ、ペニス増大効果も見込めるのかもしれませんね。

潰すのは、ある程度の勃起状態で行います。 完全勃起していても出来なくありませんが、多少勃起している状態くらいの方がやりやすいでしょう。

潰すのも叩くのも、特にやり方などないので、ペニスの状態を見ながら、力加減ややり方を考えれば良いと思いますが、 どちらもいきなり力を入れると、怪我の元になるので、徐々に力を入れていくようにしてください。

ゼファルリンとの相性は良い?

ゼファルリンだけを購入するのなら、その購入資金も何とかなると思いますが、 ペニス増大器具とゼファルリンの両方を購入するのは、経済的にちょっと大変だと思います。 既に何らかのペニス増大器具を持っていれば良いですが、もっていない場合は、 ゼファルリンとペニス増大器具の両方を購入しなくてはいけなくなりますからね。

その点、ペニストレーニングは、基本的にお金がかかりませんし、特別な器具を用意することもないので、 ゼファルリンとは相性が良いような気がします。 増大効果の話ではなく、増大方法の組み合わせの話です。

ゼファルリンのようなペニス増大サプリでの増大方法は、サプリを飲むだけですので、非常に手軽です。 このページで紹介しているペニストレーニングも、増大器具などを使う方法と比較すると手軽です。 なので、手軽なもの同士の組み合わせですから、続けやすいと思います。

もちろん、ペニスを大きくするのに、ゼファルリンを飲むだけでも良いのですが、 少しでも可能性をあげるのなら、なんかしらの増大方法は実践しておきたいところです。 それを考えると、お金の掛からないトレーニングは良いと思うということです。

ペニスを大きくすることを本気で考えているのなら、無料で出来ることくらい、全て試してみても良いと思います。

Copyright © ゼファルリン
FX初心者