ゼファルリンの飲み方

ゼファルリン

ゼファルリンを飲む回数や時間、タイミングなど、ゼファルリンの飲み方を考えてみました。

ゼファルリンはどうやって飲む

ゼファルリンの飲み方をオーソドックスに考えれば、1日2錠と2カプセルの計4錠を、 朝晩などに分けて錠剤とカプセルをそれぞれ1錠づつ飲む飲み方だと思います。

もちろん、この飲み方で良いと思うのですが、人によって得られる効果も違うように、 飲み方一つで得られる効果も違うと私は考えていますので、ゼファルリンを飲みながら、その飲み方はアレンジしてみると良いと思います。

飲み方のパターンとしては、以下のような考え方が出来ます。

飲む回数
  • 1日1回で2錠と2カプセルを一気に飲む。
  • 1日2回で1錠と1カプセルを2回に分けて飲む。
飲むタイミング
  • 食事前に飲む。
  • 食後に飲む。
  • 食事の時間とはずらし、空腹時に飲む。
飲む時間
  • 朝、昼、晩など

当たり前のことばかりですが、上記のような感じになります。 そしてこれらのパターンの組み合わせの分だけ飲み方はあるのです。 なので、このパターンの中から、少しでも効果の得られやすいようなゼファルリンの飲み方を選ぶ必要があります。

どのパターンが良いかは人によっても違うと思いますし、一概には言えません。 また、飲み始めてからすぐに効果が出るものでもないので、ちょくちょく変えて試すことも難しいです。 なので、あなた自身の感覚で選ぶことが決め手となってしまいます。

ゼファルリンを飲むのを忘れてしまいそうだったら、夕食後にまとめて1回で飲むのが良いと思いますし、 ゼファルリンの成分をこまめに摂取したいのなら、2回に分けた方が良いでしょう。 生活スタイルや体質などを考えて、あなた自身で飲み方を考えてください。

ちなみに、私は午後6時頃と夜の12時頃にゼファルリンを飲んでいました。 「空腹時に飲んで少しでも吸収力をあげる。」 「自分なりに成分の効果が得られやすいと考えられる、就寝時に一番成分を取り込みたい。」という考えから選んだ飲み方です。

食後の方が吸収力が高いと言われていますが、個人的には空腹時の方が他の薬などの効果が得られやすいので、 あえて食事の時間を避けて、空腹時にゼファルリンを飲むようにしていました。

また、午前中に男性ホルモンが分泌されやすいので、その時間にペニス増大成分を摂取すると良いとも言われていますが、 私は朝起ちの強さを重視したので、就寝時に一番成分が得られやすいと思う飲み方を、自分なりに考えて上記の時間にしました。

寝る前に、計4錠を飲む飲み方もありだと思ったのですが、なんとなく先に体に成分を摂取しておいて、 寝る前にもう一度成分を摂取させた方が、就寝時に効果がありそうだったのでそうしたのです。 そこにはあまり根拠はありません。まさに感覚でそうしていただけです。

ゼファルリンは薬ではなくサプリメントですので、本当に感覚を頼りに、自由に飲み方は決めて良いと思います。 ただ、守っておいた方が良いと思うのが、錠剤とカプセルを一緒に飲むということです。

ゼファルリンはシトルリンとトリプトファンの相乗効果でペニスの増大を促しています。 そのシトルリンとトリプトファンは、それぞれ錠剤とカプセルに配合されているのです。 時間をずらして飲んでも、相乗効果は得られると思うのですが、一緒に飲んでおいた方が間違えはないと思うので、 錠剤とカプセルは一緒に飲むようにした方が良いと思います。

ゼファルリンの配合成分

カプセル

シトルリン、有機マカ末、朝鮮人参、マムシ、スッポン末、ガッシュ末、ローヤルゼリー、蜂の子、ブラックカラント、ガラナなど

錠剤

トリプトファン、トンカットアリエキス、ムクナエキス、アカガウクルア、ワイルドヤムエキス、ノコギリヤシ、エゾウコギなど

尚、成分についての詳細等は、こちらで紹介しています。 ⇒ 『ゼファルリンの成分

Copyright © ゼファルリン
FX初心者